シャンプーを変えるだけでニキビが減る

結論から申しますと素肌に悪影響を与えるニキビや吹き出物に良くない成分は、シャンプーやリンス・コンディショナーに含まれる界面活性剤です。中でも、両性イオン系といわれるアミノ酸系の界面活性剤を使ったものは、素肌につくと取れ難くついたまま放っておくと毛穴をつまらせる原因になってしまいます。
毛穴が詰まれば当然、ニキビや吹き出物が出来やすく治りにくい素肌になってしまいます

見分けるのは難しいのですが、洗い上がりがしっとりするものや、シャンプーとリンスが一緒になったものなどによく配合されています。
基本的に、これらの製品は洗っても簡単には流れ落ちないように作られていますから額や背中などにつけば、 毛穴を詰まらせてニキビを増やしてしまうということは容易にご理解頂けると思います。
→ コスメ辞典 界面活性剤

イメージ戦略にご注意!

アミノ酸といえば、皮膚や頭髪の元になるたんぱく質の構成成分です。アミノ酸の入った清涼飲料水などのお陰で、一般的に非常に良いイメージがあります。 ところが、このアミノ酸とシャンプーやリンスに配合されているアミノ酸系は全く異なる成分です。
アミノ酸系とは、たんぱく質ではなく合成界面活性剤の一種を指します。名前が良く似ていますが全然違うものだということをご理解しておいて下さい。

洗顔はリンスの後に!

ニキビを悪化させない洗顔リンスには、簡単に流れ落ちないよう界面活性剤が含まれています。それらの成分が素肌に付くと毛穴を詰まらせてしまいます。リンスをした後はパウダーウォッシュで、素肌に付着した界面活性剤を丁寧に落としましょう。 顔だけでなく首筋や胸や背中など、皮脂腺の多い箇所もしっかり洗うようにして下さい。

→ エフェフラスコ パウダーウォッシュのご案内
→ お試しセットはこちらです

ニキビをこれ以上増やさない洗髪

気軽に試すことは出来ませんが、これ以上ニキビ(にきび)を増やさないためには、パウダーウォッシュで髪を洗うのも良い方法です。但し、髪の長い方や慣れないうちは翌朝に髪の毛が爆発したように広がってしまい、セットに苦労されるかもしれません。

長年シャンプーを使っていると、地肌の毛穴は確実に詰まってしまいます。そうなると、頭皮から皮脂が分泌されないため髪の毛は乾燥しやすくなり、まとまりにくい髪質になっていきます。

パウダーウォッシュはシャンプーに含まれているような合成界面活性剤を使用していませんので、髪が傷むことも無く、また頭皮の毛穴を詰まらせることもありません。 頭皮の毛穴が綺麗になれば抜け毛予防にもなりますし、 何よりも皮脂が分泌するお陰で整髪料に頼らなくてもしっとりとまとまりやすい髪質になっていきます。
しかし、髪質が改善される道程は長く、根気のいることです。 ロングヘアーの方や普段お忙しくされている方には、強くお勧めは出来ません。
ご興味のある方は、クエン酸を配合したリンスを併用しながら気長にチャレンジしてみて下さい。パウダーウォッシュで髪を洗うだけで、ニキビの改善はもちろんのこと髪質が改善され、首筋や胸や背中まで綺麗になっていくはずです。

LINEで送る