皮脂が沢山分泌される時とは?

日常で多く見受けられるのが、お食事などで油分を沢山摂取した時です。焼肉や中華料理など比較的油分を多く含む食品を食べた後(或いは翌朝)の素肌は、いつも以上にべたついていると感じられたご経験はありませんか?
ニキビ対策 皮脂を分解する 食物に含まれる油分は、ヒトが生きていく上で大切なエネルギーになります。しかし必要以上に摂取された油分は、皮下脂肪として蓄えられたり体外へ排出されます。皮脂が必要以上に分泌されるのは、このような場合であると考えられます。
この場合の皮脂量のコントロールは比較的簡単だといえます。食べる量や内容をコントロールすればいい訳ですから・・・。え?それが出来れば苦労はしませんか?
では、そうもいかない方のためにちょっとしたアドバイスを致しましょう。

1.脂肪分を消費するには

食べる量のコントロールが難しいようでしたら、食後すぐに摂取した油分を消費してしまいましょう。消費する・・・つまりは、皮下脂肪として蓄積されたり皮脂として分泌される前に消費してしまうのです。 そうです。運動することが皮脂の分泌量のコントロールとなる訳です・・・(もっと難しいですか(笑)?)

ご参考までに、食事から摂取した脂肪分を効率よく消費するポイントをご説明致します。

運動は15分以上継続する

それより短い時間だと、体内の脂肪分はあまり消費されません。

心拍数を上げる

つまりは、「はぁはぁ」と軽く呼吸が乱れるくらいの運動です。 ただ歩くだけのウォーキングように呼吸が乱れない運動では例え何時間続けたとしても、健康維持には有効ですが脂肪分の消費はあまり期待できません 。

2.脂肪分を分解するには

運動以外で、摂取した油分を消費する方法としては(消費とは言えませんが) 、体内で脂肪分を分解してしまう手もあります。

食後すぐに、コーヒーや烏龍茶を飲用する

コーヒーや烏龍茶は油を分解してくれます。劇的な効果がある訳ではありませんが、摂取した油を分解することによって皮脂の分泌量を抑えてくれます。ただし、コーヒーにお砂糖やミルクを入れては元も子もありません(笑)。

LINEで送る

スキンケア基礎講座 目次